man and woman

高血圧は早めの改善が重要です|高血圧予備軍から脱出

食生活改善で防げる病気

和食

高血圧は、脳梗塞や心筋梗塞を起こしかねない病気です。日頃の運動や食生活の見直しで改善が可能です。食生活の改善には、高血圧のための食材配達も人気となっており、このようなシステムを利用して、継続的に食生活の改善に努めることが大切です。

詳しく見る

血圧を下げる食習慣

和食

減塩は高血圧のために最も重要な療法ですが、継続するためには美味しく飽きの来ないメニューにしなくてはなりません。薬味やレモンなどで風味を変えたり、味噌や醤油を減塩タイプに変えたりと、工夫次第で色々な献立が楽しめます。高血圧にいい食事は、全ての体調にいい食事なのです。

詳しく見る

血圧を下げる取り組み

female and male

高血圧症による起こり得るリスクは脳卒中です。脳出血や脳梗塞などに侵されると命にかかわる事態に発展しかねません。こうした病気にならないための対策としては日頃の生活習慣を改めて食事療法と適度な運動を行うように心掛けることです。

詳しく見る

ずっと元気でいるために

man

塩分を控えめにする

高血圧とは、安静にしている時の血圧が常に正常の値よりも高くなっている状態のことをいいます。この高血圧は食生活を見直すことか最も重要なポイントになります。具体的に言うと、摂取する糖分や塩分の量をどれだけ抑えられるか、どれだけ適正な値に近づけていけるかが高血圧を予防する上では重要です。糖分や塩分は私たちが意識していないだけで意外と多くの食材に使われています。ですから、なんとなく甘みや塩の多そうなモノを避けると言うことよりも、根本的に口にするものすべてにどれくらいの塩分が含まれているのかを細かくチェックすることが効果的です。逆に言えば、これを徹底することができれば高血圧は比較的簡単に予防できるといってもいいかもしれません。

自炊を心がける

塩分や糖分を抑えた食事に関しては、日本の伝統的な食生活を意識すれば簡単に達成することができます。一番分かりやすい例として挙げられるのが、お坊さんが口にする精進料理でしょう。野菜を用いた質素な味付けの精進料理なら、高血圧予備軍の方や、すでに高血圧な方でも安心して食べることが出来ます。精進料理の中にもお漬物など塩分が高い料理はありますが、それらは省いて他のものを増やせば問題ありません。高血圧の予防に取り組むのであれば、こういった質素な献立の作成に取り掛かる事が大切なのです。しかし、毎日塩分量などの少ない献立を考えるのは簡単ではありません。また、味付けが薄いので、飽きが来てしまうこともあるでしょう。そんな時には、病食と呼ばれるメニューを活用してみると良いでしょう。病食とは病気毎に合わせた健康食のことであり、高血圧の場合なら塩分量や脂質を抑えたメニューとなります。病食は精進料理のように質素なもの以外にも、肉を使ったメニューや海外風の味付けの料理があるため飽きにくい料理となっています。最近では病食のレシピ本などが販売されている他、病食を宅配してくれるサービスもあるので、手軽に利用することが可能です。