women

高血圧は早めの改善が重要です|高血圧予備軍から脱出

血圧を下げる食習慣

和食

減塩が改善のカギ

高血圧の人には、運動療法と併せて食事療法が最も大切といえます。毎日の食事メニューを考えるとき、一番意識したいのは塩分です。和食はヘルシーでとても理想的なメニューですが、漬物に味噌汁、梅干しにかまぼこと意外に塩分含有量は高いのです。調味料を減塩タイプにしたり、干物魚や加工食品は避けたりと、塩分平均摂取量の半分にすることを心がけてください。次に意識したいのは、バランスよく様々な栄養素を摂るということです。ビタミン、カルシウム、マグネシウムなどを意識的にしっかり献立に加えましょう。高血圧患者用の病食宅配などを利用するのもいいでしょう。減塩や食事バランスを整えることによって肥満も解消し、しいては高血圧の改善にも繋がっていくというわけです。

血圧は毎日測る

高血圧には特別な症状がないことが多く検査しない限り、自ら意識的に測定しなければ気が付きません。血圧計を常備して朝起き抜けと寝る前、1日2度測るよう努めましょう。高血圧を予防改善するためには、生活習慣を見直すことも不可欠です。禁酒禁煙を心掛け、睡眠不足や夜食の習慣なども止めましょう。ストレスも高血圧の要因になります。適度な運動やレクリエーションなどで、生活にハリを持たせてください。高血圧に効くといわれている食材、DHAやEPAの豊富な青魚をメニューに取り入れるとよいでしょう。カリウムは塩分を排出するのに最適な栄養素と言われています。ほうれん草、春菊、じゃがいもやアボカドに多く含有されています。毎日の献立に加えることで、自然に降圧を助けてくれる成分は様々あるのです。