women

高血圧は早めの改善が重要です|高血圧予備軍から脱出

血圧を下げる取り組み

female and male

脳卒中に犯されるリスク

生活習慣病の中でも最も危険性が高いと言われている高血圧症、放置することで様々な病気を引き起こす要因となります。高血圧から発症した最もリスクの高い病気が脳卒中です。脳卒中は癌、心臓病と同じく三大成人病に位置付けられているものであり、日本人の死因で癌に続く第二位という非常に怖い病気なのです。脳卒中は大きく分けると二つの症状に分類されます。血管が破れて出血するものと血管が詰まるものです。破れる事で起こるのが脳出血とくも膜下出血、詰まるのが脳梗塞や脳血栓というものがあります。いずれも自覚症状を感じる事なく突然発症するケースが多く、最悪の場合に死に至ることもあり得るのです。高血圧症の方は脳卒中に陥りやすいので日頃からしっかりと対策を取る必要があるのです。

日常生活の取り組み方

高血圧と診断されれば大抵は血圧を下げる薬を飲まれていらっしゃると思います。処方薬は飲みつづけることも大事ですが、それと併せて食事や日頃の生活も改善していくようにしましょう。食事は野菜と魚中心の料理に切り替える事です。肉類は動物性たんぱく質が血液をドロドロにさせる要因となりますし、魚には血液をサラサラにする油が含まれていますので魚料理のメニューに切り替えることが必要です。また体の栄養バランスを保つためにも野菜をたくさん摂取するようにしましょう。また、魚や野菜を献立で十分に補えないようであればサプリメントなどの栄養補助食品で賄うと良いでしょう。また今はカロリーコントロールされた食事を届けてもらう宅配サービスも充実しているので、高血圧で悩んでいるけれど、忙しくて食事にかまっていられない人は利用してみましょう。日常生活では体を動かす事を心掛けます。とは言え高血圧の方が無理に過激な運動をして倒れてしまうという事もありますので、軽いストレッチやウォーキングなど誰でも取り組み易い運動を行うと良いでしょう。その他ストレスを溜めないようにすることなど心身の状態をリラックスするように心掛けることです。